« 2018年キャンピングカーの旅7「木曽路」 | Main | 2018年キャンピングカーの旅9「まとめ」 »

2019.06.30

2018年キャンピングカーの旅8「甲州ワイン」

 木曽路を満喫した後、長野から山梨のRVパークに逆戻りした。キャンピングカーによる自由な旅のはずが、電源の確保できる宿泊地に制約されている!
 今夜の夕食として、途中のSAで食べ物を買い込んだ。結局地元スーパーよりSAや道の駅の方がその土地らしい食材が買えるようだ。
 さて、今日も暑かったので、最後は冷えた白ワインを確保しようとした。この旅ではコンビニのリーチイン冷蔵庫に冷えていた、モーゼルワインをレジに持っていたっら、なぜか寝付けされてなくてレジ通らずということもあった。勝沼にはたくさんのワイナリーがあって、ワインはあちこちで購入可能なのだが、冷えたワインをすぐ飲むということが実現できるだろうか。泊まっているワインの丘はたくさんのワインを取り扱っているのだが、冷蔵庫で冷やしたボトルを陳列販売してしていない。
 昨日ガソリン給油をした時、その反対に酒屋さんがあったのを思い出し、酒屋さんなら冷えたワインも置いているだろうと飛び込むと、そこはワイナリー直営の販売店であった。なんといくつかのワインを冷蔵庫で冷やしている!その中でオススメの一本を買おうと思ったが、コルク栓である!スクリューボトルのものは甘〜いワインに限られ、きりりと冷えた相応の値段のする辛口白ワインはコルクオープナーが必要。ご主人に今すぐ飲みたいと伝えたら、ワイナリーの名入りオープナーをいただけることになった。

 RVパークに戻り、車を止めて夕食。購入した白ワインを飲んでみると、めちゃくちゃ美味い!何となく日本の白ワインは妙に甘いばかり、という先入観があったが、切れ味と旨味が同居するような抜群の美味しさなのである。夕食はSAの食事と冷えた甲州ワインで充実して美味しい結果となりました。

|

« 2018年キャンピングカーの旅7「木曽路」 | Main | 2018年キャンピングカーの旅9「まとめ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2018年キャンピングカーの旅7「木曽路」 | Main | 2018年キャンピングカーの旅9「まとめ」 »