« 14年ですって | Main | 水元公園最強説 »

2018.03.25

文系理系のはなし

受験勉強なんてものをしていたのは遠い昔のことだが、受験勉強について最近どうでも良いことを思い付いたのでここに記したい。
今でもそうなのかもしれないが、我々の頃も大学受験はその学部専攻によって、文系、理系に分けられていた。高校のクラスも途中から文系クラス、理系クラスに振り分けられていた。
自分は文系学部専攻希望で文系クラスだったのだが、多分に数学が苦手かつあまり勉強していないグループが文系にいることが多く、自分も数学が苦手で勉強をしないタイプの人間であった。
後者の、「勉強していない」という要素が強くて、数学が、というより得意な教科もなかったか。
そんな自分のていたらくもあり、理系の方々に関しては、頭が良く勉強している、という羨望と先入観がある。
偏差値というのは一つの集団の中での偏差を見るので、分散があるのが当たり前なのだが、そうした先入観のせいか、低偏差値の理系というのがなぜ存在するのか理解できない。
しかしそうした文系理系の区分というのは、実際の勉強の中身を見ると、もっと別の区分も成り立つのではないかという気がしている。それは論理系と記憶系という分け方だ。
数学や物理学のように、ある基本ロジックを習得して、そこから論理的な応用ができる受験科目と、社会科学系のようにとにかく知識が多い程高得点が取れる受検科目という区分である。
もちろんどの学門も論理的思考と記憶の両方とも重要ではあるが、受験に関していえばどちらかの比重が高いかで分類できそうである。
一般に理系が論理系、文系が記憶系的な傾向があるものの、理系の中でも生物、地学なんかは記憶系の要素が強いし、文型の中でも国語、英語などは論理系の要素が強いのではないか。
こんなことを思いついたのは、自分が「勉強する系」「勉強しない系」のうち、後者であったため、一夜漬けでなんとかなる記憶形と、論理が身についていないとどうもできない論理系に明確な成績の差があったことを思い出したからである。
酒を飲みながら昔の事を思い出すと、こうしたくだらない分類などをしてみたくなるのである。

|

« 14年ですって | Main | 水元公園最強説 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18152/66534822

Listed below are links to weblogs that reference 文系理系のはなし:

« 14年ですって | Main | 水元公園最強説 »