« 犬と寺社 | Main | ワイン当てクイズ »

2017.05.31

写実主義

 高校時代に上野の日展に毎年行くようになって以来か、いつの間にか絵画を鑑賞するのが好きになったような気がして、海外旅行に行っても、目的地の一つに美術館を加えることも多い。
 初めての海外旅行(アメリカ旅行)で、ボストン美術館、メトロポリタン美術館に行ったのを皮切りに、世界のあちこちでも有名な美術館を見てきた。
 自分にはもともと絵画を鑑賞する美的センスがあるとも思えず、いったい絵画のどの部分に感動しているか分析して見ると、どうやら「そっくり」であることに反応していることに気づいた。抽象的なものよりも、できるだけ写実的な絵画を見てキャッキャとしているだけのようなのだ。
 また、美術史の教科書に出てくるような有名作品の実物を見て、単に「本物を見た」という感動を味わっている部分もあり、実に単純なものである。高度な美的芸術的趣味などではなく、「類似性」の確認作業をしているだけなのかもしれない。
 まぁ、それも良いではないか。決して芸術はセンスの高い人、教養のある人だけのものではない。「写実主義」なんていう考え方もあるようだし。
 他にも「モノマネ芸」や一卵性双生児の方々を見ると、なぜか嬉しくなることもあったり、単なるそっくりフェチなのかも。
 そんなそっくり大好きな自分にとって、うってつけの美術館があると聞き、先日行ってきた。
 千葉にあるホキ美術館である。
 美術館は千葉市内ということなのだが、東京側から行くと千葉市の中心部からもまだ先で、結構遠かった。新しく開発された感じの綺麗な街並みの中にある。美術館用の駐車場も併設で車でのアクセスが便利。
 日本初の写実絵画専門美術館であるホキ美術館のコレクションは、そっくりフェチの自分にまさにドストライク!であった。野暮な表現をすると、「写真のような」、別の言い方では「絵画ではないような(実物を見ているような)」写実絵画だけが展示されている。
 都心部や交通至便な場所というわけではないので、海外の有名コレクションを一時運び込んで展示する美術展にあるような殺人的混雑とは無縁である。静かに「そっくり写実絵画」と向き合えるのだ。
 こんな美術館のコンセプトを考えていただいたことに感謝だが、私以外にも、写実的な絵画を見てこころがざわつく御仁が他にもたくさんいらっしゃるから成立しているのかもしれない。

|

« 犬と寺社 | Main | ワイン当てクイズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18152/65350737

Listed below are links to weblogs that reference 写実主義:

« 犬と寺社 | Main | ワイン当てクイズ »