« 内外価格差 | Main | 2008英国の旅1「プロローグ」 »

2008.07.27

2007年イタリアの旅22「トレビの泉」

 早いものでこの2007年イタリアネタシリーズを書き始めてもう1年になろうかというところである。2008年も後半になっているが、この2007年シリーズも終わりが近くなっているのでしばしおつきあいいただきたい。
 ローマのトレビの泉は後ろ向きにコインを投げ入れると再びローマに訪れることができるといういいつたえがある。学生時代、何故か「そんなことをしなくてもまた来ることになる」ような気がして、何も投げ入れずに帰って来たのだが、案の定、再びローマに、トレビの泉に来てしまった。それにしても前回よりすごい人だかりである。
 市内をぶらぶら歩いてスペイン階段有名等観光ポイントを見て回って、この日の観光は終わった。
 今回の旅行で発見したこと。ローマのテルミニ駅は以外と地下街が充実していて地上よりきれい。イタリアのビジネスマンは暑くてもスーツジャケットまで着ている。地下鉄の手すりが三股になっていて持ちやすい。イタリアほどの先進国でも、マイナーブランドのコーラのボトルは、入っているコーラの量がまちまち(汗)。
 海外旅行の最終日の起床前に必ず起きる現象がある。それは、夢に日本の女性タレントが出てくることである。それも今まで全く気にしていなかった想定外のタレントさんなのである。その夢きっかけで帰国後その女性が気になってしまう。今回は妻との旅行だったのだが、やはりそれは起きたのであった。今回のタレントは「安めぐ○」さんである。帰国後に気になっている次第である。

 最終日は午後のフライトだったので午前中はまたスペイン階段まで行き、冷房の効いた部屋で階段が眺められる喫茶店BARCACCIAの2階で休むことにした。我々が冷たいものを口にしていると、いかにも旅慣れた感じの日本人女性が一人で食事をしていた。何度もローマに来てるんやろうな、という雰囲気であった。

 帰国便のフィウミチーノ空港へ向かう。何故か空港行きの列車はクーラーが効いておらず、ひどい猛暑である。
西日がきつい。空港では荷物をビニールフィルムで巻く機械があって、旅行者がスーツケースをぐるぐる巻きにしているのが印象的だった。
 空港内の連絡シャトルの乗り場で、黒髪のモデル風のヨーロッパ女性からシャトルの行き先を聞かれた。こんな観光客丸出しの東洋人に聞いてどないすんねん、という感じだが、彼女の行き先はブダペストであったようだ。彼女も異邦人である。東欧の美しい女性を見て、今後の行き先として東欧を検討してみたくなった。
 帰りの日航機では、フライトアテンダントの女性から我々夫婦に声をかけられた。「昼間お会いしましたよね?」え?そんな機会あったっけ?日本人としゃべった記憶もないし、と思っていると何と、髪をアップにしていてすぐにはわからなかったが、昼間スペイン階段前の喫茶店で見かけた「旅慣れた日本女性」は彼女だったのである。旅慣れた感じがするわけである。めでたし、めでたし。このシリーズおしまい。

|

« 内外価格差 | Main | 2008英国の旅1「プロローグ」 »

Comments

 お久しぶりです。
 今週末から、私もイタリアに行きます!初めてのヨーロッパなので、とっても楽しみです。機内食ですが、ユナイテッドはだめでした。私もエコノミーしか食べたことないですけど。シンガポール航空は、カクテルがおいしかったです。と、毎回楽しみにしているんですよね~。今回はアリタリアです。
 スリがいま、一番怖いです。小汚い恰好していくつもりですが、レストラン用にちょっとましなのも持っていかないとですかね?

Posted by: みゅーみゅー | 2008.09.17 at 07:06 PM

みゅーみゅーさん、お久しぶりです。
イタリアはどうでしたか?真夏の頃と比べると、だいぶ対ユーロで円高気味なので、今の時期の旅行は充実した旅になったのではないでしょうか。
夏のヨーロッパは観光客だらけですので、服装はそれほど気にされなくてもよかったとは思いますが、どうでしょうか。

Posted by: cornflake | 2008.09.28 at 06:44 AM

 帰ってきました。
 ヴェネチアは観光客でごった返していました。われわれはましな格好で、アメリカ人の格好のすごさはびっくりでした。(寒いのに短パン・ノースリだし。)フェッラーラではまずバーゲンのセーターを買いました。で、髪の毛が茶色なので、よくイタリア人に声をかけられましたが、何言ってんだか分らん~と日本語と英語で対応しました。顔を見てから話しかけてくれ!レストランテも一回しか行かず、夕食はスーパーやバーカロで買ってきたものをホテルの部屋でワインを飲みながら食べる、というスタイルが多かったので、節約できました。
 蚊の多さにはびっくりして、刺されまくりましたが、とても楽しかったです。

Posted by: みゅーみゅー | 2008.10.02 at 06:03 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18152/41988600

Listed below are links to weblogs that reference 2007年イタリアの旅22「トレビの泉」:

« 内外価格差 | Main | 2008英国の旅1「プロローグ」 »